> 札幌琴似整形外科/トップページ  > 診療のご案内  > ご挨拶

札幌琴似整形外科はこのように考えます。
あなたの人権と権利を尊重し守りつつ倫理的医療を実践します。
専門的な知識を有効に使いながら公共性のある医療を実践します。
そして
札幌琴似整形外科は確実な診断が治療の第1歩であると考えています。
当院は最先端のMRI、CT、デジタルX線装置を備え、これらはPACSという画像システムと連動し、診察室にてすぐに画像を見ることが可能です。 従来のX線フィルムはありません。 外来で検査をその日その時に施行し、診察室で見て診断し、お話しすることができます。 手術はクリーンルームにて行います。 手術室として最高レベルのクラス1000という施設です。 人工関節を含む整形外科のあらゆる手術に対応が可能です。 膝人工関節のナビゲーションシステムを備え高度に変形した内反膝などにも対応が可能です。 また脊椎手術専用の顕微鏡を備え、脊椎手術をすべて顕微鏡下にて安全に行うことが可能です。 手、肘、肩関節、足、膝、股関節に対応する関節鏡システムを備えそれらの関節手術を内視鏡下にすることができます。
これら優れた機器、施設により 確実な診断に基づく適切な医療を目指します。 入院施設は殆んどトイレの完備した個室で、術後一定期間は個室を利用できます。 個室料金はありません。
医師を始めとして全てのスタッフは説明責任を自覚しています。
来院された際には 医師を始めとして どのスタッフもあなたの疾患が軽快し、快適な生活が送れるように全力を注ぎます。
札幌琴似整形外科にご相談下さい。

医療法人札幌円山整形外科
理事長 山村 恵

医院のご案内
ご挨拶
医院概要

モバイルから診療予約の手順
モバイルサイト
担当医スケジュール

ページの先頭に戻る